脱毛時はパンツを履くのか

MENU

脱毛時はパンツを履く?ノーパン?

脱毛ラボの口コミと効果

 

脱毛するときにパンツなどは履くのか履かないのか知っていますか。

 

「脱毛するときの格好はどうなんだろう」

 

「脱毛をする時はパンツって履くの?履かないの?」

 

「履かない時は恥ずかしくないの?」

 

「履いている時はどうやって脱毛するの?」

 

などというような疑問が出てくるでしょう。

 

では、脱毛の時はパンツを履くのかノーパンなのでしょうか。

 

今回は脱毛時にパンツを履くのか履かないのかについて書いていきたいと思います。

 

脱毛時はパンツなのか?ノーパンなのか?

脱毛する時はパンツを履く場合もありますし、ノーパンになる場合もあります。

 

そのパンツをはいたり、履かなかったりするのは脱毛サロンやクリニックによって違いますし、脱毛する箇所によっても違います。

 

それは、最初のカウンセリングを行うときに脱毛の際はパンツを履いてもいいのか、ノーパンなのか確認した方がいいでしょう。

 

もちろん、恥ずかしさもあります。

 

なので、パンツをはいている方がいいかもしれませんが、脱毛しにくい場合もあるので脱毛サロンやクリニックの人に従うようにしましょう。

 

パンツをはいてる場合とノーパンの場合

パンツを履いて脱毛する場合とノーパンで脱毛する場合とでは何が違うのでしょうか。

 

二つのパターンについていくつか紹介していきます。

 

■パンツを履いている場合

1、 VIOの脱毛を行わないとき
VIO部分の脱毛を行わない場合は自分のパンツを履いたまま脱毛を行います。
なので、パンツを脱いだりすることはありません。

 

2、 VIO脱毛といっても、全部の脱毛でないときや光をあてるだけの脱毛の場合
光をあてるだけの脱毛はパンツを脱ぐ必要もありません。
また、脱毛サロンやクリニックなどによってはその脱毛サロンやクリニックのパンツに着替えるようにとの指示があったりもします。

 

■ノーパンの場合

1、 ノーパンの場合はVIO脱毛を行う場合
VIO脱毛はノーパンでなくてはできない場所もあるのでパンツを脱がなくてはなりません。

 

2、 パンツを履いていたら脱毛できないという場合
パンツを履いていたら、脱毛できない脱毛機器もあります。
なので、ノーパンにならなくてはなりません。

 

 

このようにパンツを履いたり、ノーパンになったりするのには理由があります。

 

まとめ

脱毛の時はパンツなのかノーパンなのかについて知っていただけましたか。

 

脱毛をする場所などによって、パンツを履いたり、ノーパンだったりするので事前に確認しておきましょう。

 

脱毛をする前に参考にしてみてください。